人工透析に支配される!

 

人工透析を受けていても、全然へっちゃらだ!

という人もいるけどね。

長くやっていけば必ずぶち当たるのが、死ぬまでこれを続けて行かないといけないって事でしょうか?

最初のうちは生活の一部になかなかなり得ない問題があり、長くやっていると生活の一部にはなるのですが、逆に透析に時間と労力を取られるのが苦痛になってくる。

あはは(^◇^)

これ、結構厳しいですよね。

生活全部が人工透析中心になってしまうんですよね。

ちょっとお茶飲むのも、間食するにも、何かにつけて気にしてしまう。

ゴクゴクッと冷たい水が飲みたい時もあるんですけどね。

ほとんどの人が、

「我慢!我慢!」と耐えているんですな。

dscn1557

それがね、1週間とか1か月とかっていう話ではなく、死ぬまで続くんですから・・・(-_-;)

じゃあ、たまにそのゴクゴクッていうのをやったらどうなるかって言うと、透析者は尿量がありませんので、全部体に溜まってしまうのですな。

それを引くのが透析ですから、透析で引く水の量が増えてしまい、透析がしんどくなってしまう。

あはは(^◇^)

全部自分に跳ね返ってくるのが透析です。

まあ、「自己責任」という言葉もあるくらいなんで、しんどいのを覚悟でゴクゴクッをやる人もいますよ。

しかし、繰り返しそんな事をしていたら、体調そのものにも影響を与えかねませんから。

どうしたって

「我慢!我慢!」の生活になるのですな。

僕が38歳で透析を始めて、香川の田舎では僕より若い透析者さんがほとんどいなかったんですが、ブログ活動をして色んな人とソーシャル上で出会ってみると、僕より若いどころか10代、20代の透析者さんもわんさかいるんですよね。

ん~(-_-;)

自分の事はさておいて、気の毒やなぁ。

気の毒やけど、頑張ってくれ!というしかないな。

 

人工透析はストレスが溜まる

とにかくね、週に3回は病院へ行って透析を受ける訳ですから。

人との接点が多すぎるんよね。

透析スタッフさんは大勢の透析患者さんを受け持っているから、こちらとしてはできうる限りスタッフさんの手をわずらわせたくはない訳です。

なので、少々の事なら黙ってやり過ごしてしまうようになりますな。

いわゆる空気を読んで・・・(-_-;)

僕なんか、最初の頃は黙ってると「機嫌が悪い」と思われたらイヤなので、穿刺や回収の時は世間話とかしてたんですけどね。

もう10年もたった今は何も話しませんね。

存在感全くなし。

なのでね、

僕がこういうブログ活動をしているのを知っているスタッフさんですら、どっちが本当の僕かが理解できないらしいですよ。

あはは(^◇^)

まあ、ブログでは言いたい放題やってますから(-_-;)

とにかく、病院で無用なストレスを受けたくないんですな。

話しなければ、ストレスも受けなくて済みますから。

黙って透析を受けて、

「有難うございました~!」とだけ言ってさっさと帰る。

まあ、送迎車のチームにいるんですけどね。

帰りはほぼ無言。

せっかくだから、そのままストレスなしで帰りたいんで。

もう、そんな事になってしまってるのですな。

僕の数年前を知る看護師さんとかはビックリするでしょう。

あはは(^◇^)

 

この支配は永久に続く?

まあ、僕の場合は透析者に多い、「不眠」や「便秘」の悩みがないのですな。

これがある人が多いですので、もうそうなってくると、日々が「透析中心」。

大体は、

*自分の体の不調

*透析環境での対人関係の不具合

*食生活の問題

*不眠症の悩み

*筋力低下による不調

*合併症で長期入院

*下肢切断などの血管障害

*生活上の金銭問題

*仕事と透析の両立問題

まあ、こんなところでしょうか。

何一つ当てはまらないという透析者さんはいないはずです。

僕も闘病歴が長いんで思うのですが、体調が悪いと活動力が下がるし、思考も低下しますね。

僕なんかの不調時は、もうほとんど動けない(動きたくない)というレベルなのでね。

そうなってくると、人工透析という環境を受け止めきれなくなるんですな。

これこそが透析者のストレスでしょう。

ただもう理屈として分かって来てるんで何とか対処出来てるだけ。

しかし、どんなに不調でも、仕事を持ってしまったので、そうそう休んでもいられませんし。

この間、透析は闘うものじゃない!と言われたんですけどね。

いや、これだけストレス抱えて、仕事もして、食事の摂生から水分制限からしてたら、もうイヤになるな。

そういう状況でも根気強く仕事もし、透析を受ける事がすでに闘いのレベルになる人もいるんでね。

自分の物差しだけで語られてもね。

という話だよね。

僕だって、透析始めた当初は野球とかもやってたけど、今はもう出来ねえし。

心臓が持たんね。

(ステントが2個入ってます)

この透析中心の生活が続く中で、何かを見出していけないと、精神的にキツクなりますね。

そして何かを見出そうとすると、やっぱりこの透析が邪魔になって来る。

それを繰り返すのが闘いなのであってね、

というか、まあ、人が生きるという事は全て闘いだと僕は思うけどね。

障害があるとか、健常者だからとかいうのは関係なく、全く一切闘わない人生って言うのは存在しないよね。

闘いを極力避ける生き方っていうのはあると思うけど、全て避けたり逃げたりは出来ないんで。

というか、精神的な闘いは皆してるけどね。

さっきの「透析は闘うもんじゃない」って言ってた人も、施設内の人間関係で文句ばっかり言ってるからね。

なんだよ!すでに闘ってんじゃん。

まあ、どう言ったところで人生は闘いの連続なんだね~(-_-;)

あはは(^◇^)

僕の場合は精神面もあるけど、今は老化との闘いがメインになってるかな(>_<)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA